藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

【えー!あの安室ちゃんが救った町・・・】

安室奈美恵

【えー!あの安室ちゃんが救った町・・・】
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

「安室ちゃんは救世主」一大ブームのブーツ、被災の街甦らせる

16日で引退する人気歌手の安室奈美恵さん(40)は、女性のファッションにも大きな足跡を残した。

その中の一つに1990年代後半、一大ブームを巻き起こしたストレッチブーツがある。主な生産地は、靴の街として知られ、95年の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた神戸市長田区だった。「安室ちゃんは、まさに救世主。街が生き返った」。流行前から売り出し、ブームの立役者となったそうです。

靴メーカー社長談

ストレッチブーツとは、伸縮性のある生地を立体的に縫い合わせて、ファスナーなしで靴下のように足にぴったりと合わせるブーツだそうです。

発注元のブランド名で靴を製造する「サンナイト」(神戸市長田区)の新井社長は96年に取引先の店を訪ねた際、イタリア製のストレッチブーツに初めて出会った。

独特の生地が脚を細く見せ、歩きやすくて温かい、これは売れると直感為たそうです。
素材を入手する為何度もイタリヤに渡り、現物を分解して作り方を研究、他の靴よりも何倍も時間を掛け、思考錯誤の末販売にこぎつけたそうです。

その頃人気絶頂の安室さんがそのブーツを履いて色々なメディアに出ているのを見たのが
96年の秋、思わず叫んだ「えらいことになった!」

本当にえらいことにとなった。

その後も、安室さんはそのブーツを履いてメディアの出続けているおかげで、彼女にあこがれる、いわゆる「アムラー」の必修アイテムになったわけです。

生産が間に合わず、翌年の97年の夏のサンダル製作を取りやめこのストレッチブーツに絞り、作り続けて10万足の注文を裁いたそうです。

社長いわく「あんなに出荷が楽しかったことはない」と、今でも思いだすと口元が緩むそうです。

98年には中国から安い製品が入り込んできたので価格での勝負はしないと言うことでその年の半ばで製造を中止為たそうです。

あのとき以来あれほど同じ製品が売れたことはない、今は好みが細分化されてみんなが同じ物を買う事な無くなったと社長は分析した。

安室ちゃんが引退するのは淋しいが、ファッションリーダーになるような影響力を持った人がまた出てきて欲しいと願うそうです。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。